試合結果(公式戦) 

≪2021年度≫

●第18回オリックス・バファローズCUP2021少年少女軟式野球大会(大阪ブロック大会)
 
 (第1回戦) 2021年7月25日 13時~ 常吉臨港緑地(大阪市此花区) 天候:晴

 ※7回戦制かつ1時間25分の時間制。投球制限70球。コールドゲーム採用(3回以上10点差・5回以上7点差)。今回は時間制限で6回で終了。

  1 2 3 4 5 6
枚方ルーキーズ 0 0 0 0 0 1 1
門真リトルユニオンズ (門真市) 0 2 1 0 2 0 5

 悔しい結果になりました。やはり3安打では勝つのは難しいですね。
 先発投手が崩れることなく試合を作ってくれて、中継投手と2人で被安打8。要所は締めて最少失点に抑え踏ん張ってくれました。エラーからの失点はありましたが、皆、今までの試合の中で一番声を出してくれたのが大収穫!!守備の時も攻撃の時もビックリするほど子供達は声が出ていました。やはり子供達も緊迫したいい緊張感の中、自然と高揚して声が出たのかなあ?
 試合には敗れましたが、勝ち負け以上の、何か『大事なもの』をゲットした感じです。本当にいい雰囲気でした。
 

●第8回八幡市少年野球わかば大会極楽湯杯
 
 (予選Aブロック第1回戦) 2021年7月10日 9時30分~ 八幡市立さくら小学校グラウンド 天候:曇
 
※7回戦制かつ1時間20分の時間制。コールドゲーム採用(3回以降10点差・5回以降7点差)。

  1 2 3 4 5
ポンズジュニア (京都府八幡市) 3 2 0 2 1 8
枚方ルーキーズ 0 4 0 0 0 4

 緊急事態宣言の影響で、この試合が今年度メンバー最初の公式戦。
 先発投手は、初回、三振、四球、三振と速球も走り、好調な滑り出しでしたが、打ち取ったと思った打球の内野、外野の連続エラーが重なり三塁打に。後続にもタイムリーを打たれたが、その打者は牽制で刺し、1回を乗り切りました。その後も長短5安打で着実に加点され、反撃も2番手以降の相手投手の乱調からの連続四球での押し出しの得点と、この試合唯一のタイムリーで4点を取るのが精一杯。とにかく打てませんでした。一時は1点差まで猛追しましたが、昨夜未明までの雨で、コンディション不良もあり、流れを最後まで引き寄せられませんでした。
 完敗したものの、タイムリーヒット、ライトゴロを決めた守備、選手の打撃力向上など、キラッと光る個々のプレーもありました。リベンジのチャンスはあります。この敗戦を糧にしましょう!
 

 (予選Aブロック第2回戦) 2021年7月10日 14時00分~ 八幡市立さくら小学校グラウンド 天候:曇

  1 2 3 4 5 6
男山ジュニアスターズ (京都府八幡市) 1 0 1 0 0 0 2
枚方ルーキーズ 1 0 2 0 0 X 3

 第1試合で負けたため、絶対に勝たないといけないタフな試合になりました。
 予想通りの追いつ追われつのシーソーゲームの様相になり、勝ち越した時は心の中で『よっしゃー!』と叫んでました。
 試合経過は初回先制されるも、その裏の攻撃で先頭打者の同点ホームランですぐさま追いついたのが非常に大きかった。相手に試合の流れを渡さなかった点が大きい。
 先発投手も6安打を打たれるも要所要所はキッチリと抑え、失点2で試合を作る。
 そして何より一番嬉しかったのは打撃不調にあえいでいた2選手が放ったタイムリーヒット。この2人のタイムリーで逆転、最後は3奪三振を取って逃げ切り勝利。ナイスゲームでした。
 

 

≪2020年度≫

●第4回日本精線CUP 卒団記念交流大会  主催:桜丘北オールスターズ・枚方ルーキーズ
クリックすると別ウインドウで拡大表示します

 
 (第1回戦・準決勝) 2021年3月14日 11時00分~ 磯島小学校グラウンド 天候:晴
 
※7回戦制かつ1時間10分の時間制。コールドゲーム採用(3回以上10点差)。

 

1

2

3

4

東都島スポーツ少年団 (大阪市) 1 0 0 0 1
桜丘北・ルーキーズ連合 5 0 1 5X 11

 コロナ禍で波瀾づくしであった今シーズンを締めくくる大会…。そして、6年生の3人にとっては小学生野球最後の大会。
 初戦のこの試合は、3塁打と2塁打4本を含む計13安打の猛攻と、4回を被安打2・失点1の好投で、逆転コールド勝ちの圧勝!優勝に向けての幸先良い滑り出しになりました。
 12月19日の長柄橋対抗戦以来久々の試合で、皆少し緊張気味でしたが、いざ試合が始まると容赦なく投げて、打って、走り回ってくれました。
 

 (第2回戦・決勝) 2021年3月14日 15時00分~ 磯島小学校グラウンド 天候:晴

  1 2 3 4 5 6 7
桜丘北・ルーキーズ連合 0 0 0 1 0 2 0 3
ポンズジュニア (京都府八幡市) 4 1 3 0 0 2 X 10

 連覇を目指した決勝でしたが、残念ながら完全な力負けでした。
 相手は決勝戦登板に温存されたエース。彼もこの試合が小学校最後の登板。速球をガンガン投げ込んで来ました。2回ツーアウトまで完全試合に抑え込まれルーキーズの選手らは速球に大苦戦。3回を終わった時点で0対7と大量リードされ、塁に出れたのは1四球のみで、ノーヒット。決勝でコールド負けの悪夢も頭にチラつきました。
 しかし、9番打者が四球を選びチームとして初出塁してから皆、意地を見せてくれたのです。4回以降は5安打し3得点をあげ、逆にルーキーズの方が押してました。
 3回までの7失点が最後まで響き、敗れはしましたが、皆、試合を決して諦めず最後まで堂々と戦ってくれました。今期最後の試合にふさわしいナイスゲームでした。
 

●第27回緑大会秋季大会
 (第1回戦) 2020年11月29日 11時~ 大阪市城東区鯰江公園グラウンド 天候:晴

 
※7回戦制かつ1時間25分の時間制。コールドゲーム採用(3回以上10点差・5回以上7点差)。

  1 2 3 4 5 6 7
桜丘北・ルーキーズ連合 0 1 0 0 1 0 0 2
ジュニアジャガーズ (大阪市) 0 0 0 3 0 0 X 3

 昨年2試合連続で大敗を喫した強豪チームが、今大会初戦の相手。しかし、今日は土俵際まで追い詰めたものの後一押しが出来ませんでした。
 攻撃は、2回にタイムリーで先制。守備は、3回までは緩急自在の投球で相手打線を翻弄し、後ろを守る内外野陣の堅守もあり被安打2で無失点に抑えるが、4回に長短打と味方のエラーが重なり3失点。5回に意地のタイムリーで1点差まで追いすがるも、同点のホームベースは遠かった! 最終回に盗塁2回憤死し万事休す。積極的な攻撃も実らなかった。
 今日は緊迫した試合を経験出来て選手もいい経験が出来たはずだし、皆よく頑張ってくれました!
 

 

●第32回高槻杯親善野球大会/第5回高槻ライオンズクラブ旗争奪少年野球大会
 (第1回戦) 2020年10月31日 13時~ 高槻市庄所運動広場グラウンド 天候:晴

 
※7回戦制かつ1時間25分の時間制。コールドゲーム採用(3回以上10点差・5回以上7点差)。
 
 70球を超えるとその回終了後にピッチャー交代しなければならない投球制限有。

  1 2 3 4 5 6 7
桜丘北・ルーキーズ連合 0 0 1 0 0 0 0 1
高槻マヨネーズ (高槻市) 0 0 4 0 0 0 2 6

 満を持して臨んだ高槻杯でしたが、不死鳥杯2回戦に続き、またもや『魔の3回4失点』で追う展開に。
 連続四球を与えてしまってから、2ベース・安打と連打され、エラーも絡み、1アウトも取れないまま一気に4失点。その後は後続3人を連続内野ゴロで抑えただけに悔やまれるイニングになりました。
 まだ序盤でありチームは意気消沈せず反撃を試みるも、5安打四球4、盗塁7も1点を返すのが精一杯で、逆に最終回の7回に駄目押しの2点を奪われ万事休す。3回の4失点以降はゼロに抑えて守備陣は耐えていたが力尽きました。
 反撃の追加点が取れなかったのが敗因。しかし、精一杯守って走って頑張りました。特に投手陣は持ち味を出してくれたし、守備陣も踏ん張ってくれたと思います。
 11月末から始まる緑杯が控えています。気持ちを切り替えて練習し、実践を積みましょう。
 

 

●第1回不死鳥ゲームズ[6年生以下・トーナメント戦]
 (第1回戦) 2020年7月19日 13時20分~ 五常小学校グラウンド 天候:晴

 ※7回戦制かつ時間制限有。コールドゲーム採用(3回以上10点差・5回以上7点差)。

  1 2 3 4 5 6
桜丘北・ルーキーズ連合 0 0 0 2 0 9 11
八雲リーダース (守口市) 1 0 1 1 0 0 3

 結果的には圧勝になったが、5回を終わった時点では、チャンスはあるものの得点出来ず2対3と劣勢。しかし、6回表の攻撃で、それまで要所を締められていた相手チームの変調を見逃さず、一挙9得点!試合を決めました。
 この試合の特筆すべき点は、今まではあまり目立つことが少なかった2人の選手の活躍で、勿論他の選手もやるべき事を精一杯頑張ってくれましたが、今日の勝利はこの2人が流れをチームに呼び寄せてくれたのは確かです。日替わりで活躍する選手が出てくるのは、チームの調子が上がってきてる証拠でしょう!
 

 (第2回戦) 2020年7月23日 19時15分~ 寝屋川市民グラウンドA面 天候:曇
 ※5回以上7点差のため、コールドゲーム。

  1 2 3 4 5
桜丘北・ルーキーズ連合 0 0 0 0 0 0
枚方香里フェニックス 1 1 4 4 X 10

 準々決勝ナイトゲーム。1,2回は最小失点で抑えていたものの、中盤にランナー溜めてからのタイムリーヒットを続けざまに打たれ、計8失点で万事休す。
 照明の中での野球は思ってた以上に視界が悪く、守備力の差が結果に出てしまいました。でも、チームの実力は思うほどの大差はありませんでした。今日の大敗の悔しさを胸に明日からの練習頑張ろう!
 

 

●第26回緑大会春季大会
 (第1回戦) 2020年7月12日 14時20分~ 鶴見緑地第二運動場 天候:晴

 ※7回戦制かつ時間制限有。コールドゲーム採用(3回以上10点差・5回以上7点差)。

  1 2 3 4 5
オール諏訪少年野球部 (大阪市) 3 0 3 2 3 11
桜丘北・ルーキーズ連合 0 0 0 0 2 2

敗れたものの、練習2回だけでの、いきなりの公式戦というのを鑑みたら予想外の善戦。
春に入団したばかりの選手の奮闘や、助っ人たちが大汗かきながらの頑張り、初本塁打の選手と、話題一杯の新チーム初戦でした。今後のチームの成長が期待できる試合でした。
 

 

≪2019年度≫

第3回日本精線CUP 卒団記念大会  主催:桜丘北オールスターズ・枚方ルーキーズ 「第3回精線杯卒団記念大会」特設サイトへ
クリックすると別ウインドウで拡大表示します

 
 (第1回戦) 2020年1月13日 14時35分~ 平野小学校グラウンド 天候:晴

 ※7回戦制かつ1時間20分の時間制。コールドゲーム採用(3回以上10点差・5回以上7点差)。

 

1

2

3

4

5

6

枚方平野スポーツ少年団 0 0 0 1 0 0 1
桜丘北・ルーキーズ連合 0 2 2 0 3 1x 8

 先発投手は、低めギリギリのコントロール冴えで、無四球、被安打2,失点1で抑え込む。正捕手が出場できない状況のプレッシャーで、今日の捕手は盗塁も刺し、好調な流れをルーキーズに持ちこむ。セカンドオーバーのあわやポテンヒットの打球を素早くファースト送球しライトゴロに仕立てる場面もあり、光った守備が散見。攻撃では、5回のオーバーフェンスのダメ押し3ランは圧巻でした。
 次は準決勝。この流れを途絶えさせることなく優勝を目指して欲しい。
 

 (第2回戦・準決勝) 2020年1月19日 14時~ 磯島小学校グラウンド 天候:曇
 ※7回戦制ですが、協議のうえ延長戦を行いました。

  1 2 3 4 5 6 7 8
枚方香里フェニックス 0 0 0 2 0 3 0 0 5
桜丘北・ルーキーズ連合 0 0 5 0 0 0 0 1x 6

 攻撃では3回、先頭打者の四球から始まる打者6人で5点先取。ライトオーバー→2塁打→ライトゴロもランナー好走塁etc...で一気にビッグイニングにしました。
 守備では2回、あわや長打になっていたら…と思わせるライナーをレフトが好捕。4回以降、相手チームから5点差を追いつかれ、いつもなら「このまま逆転され『惜しかったなあ!勝てる試合やったのに!』で終わる」ところが、各選手が集中力を切らさず一生懸命プレーし続け、追加点を許しませんでした。結果、延長8回裏2死2ストライクから、サヨナラホームランに繋がったのかなと思いました。
 

 (第3回戦・決勝) 2020年1月26日 13時10分~ 日本精線枚方工場グラウンド 天候:曇のち晴

  1 2 3 4 5 6 7
門真レッドスターズ 1 0 0 0 0 0 0 1
桜丘北・ルーキーズ連合 3 0 0 0 2 0 X 5

 1週間前の予報は雨だったにも関わらず、試合が始まる直前には日差しがあるほどの好天に。前夜からコーチ陣がマウンドをブルーシート養生したのも功奏し、良好なコンディション下での試合開催になった。
 試合は、初回に先取点を取られるも、選手たちは動揺する気配も無く非常に冷静でした。その通りに1回の裏の反撃は鮮やかで、連続四死球→内野安打→ドンピシャのヒットエンドランを決め、3点を奪う。その後はピッチャーが要所を抑え、センターゴロからファーストを刺したり、難しいセカンドフライを回り込んで2回もアウトに。相手チームの守備は強豪チームなだけに堅牢。なかなか追加点取れない中、5回に内野安打から左中間2塁打、そして駄目押しとなるセンター前タイムリーヒットで優勝を引き寄せる。得点に絡まなかったが、レフトオーバーの3塁打はチーム全体が盛り上がった!
 最終回は万を期してキャプテンが登板。ヒットは許すもダブルプレーで胴上げ投手に。桜丘北・ルーキーズ初優勝、おめでとう!
 

●第1回日本精線CUPリーグ戦少年野球大会  主催:桜丘北オールスターズ・枚方ルーキーズ
クリックすると別ウインドウで拡大表示します

 (対レッドスターズ・第1回戦) 2019年4月6日 14時~ 日本精線枚方工場グラウンド 天候:晴

  1 2 3 4 5 6
門真レッドスターズ 0 0 3 1 0 3 7
桜丘北・ルーキーズ連合 2 0 0 1 0 0 3

序盤は先制。特に高学年は打撃の力も加わるようになり、『点が取れる』ようになってきた。守備も抑えるところは抑えられるようになってきている。エラーがあっても、最小限に食い止める場面も見られ、今回は勝利できなかったものの、先の試合が楽しみだ!
 

 (対レッドスターズ・第2回戦) 2019年12月7日 10時~ 日本精線枚方工場グラウンド 天候:晴

  1 2 3 4 5 6 7 8
桜丘北・ルーキーズ連合 0 0 0 0 0 0 0 0 0
門真レッドスターズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0

 

 (対ファルコンズ・第1回戦) 2019年5月26日 10時~ 日本精線枚方工場グラウンド 天候:晴

  1 2 3 4 5
桜丘北・ルーキーズ連合 3 1 0 3 1 8
交野ファルコンズ 0 0 0 1 0 1

初先発のピッチャーが好投。打たせて取るピッチングをしてくれました。打線も皆、粘って塁に出て、塁が埋まってからのタイムリーと、効率的に得点することが出来ました。
 

 (対ファルコンズ・第2回戦) 2019年10月26日 14時~ 交野市立妙見坂小学校グラウンド 天候:晴

  1 2 3 4 5 6
交野ファルコンズ 0 0 1 5 0 4 10
桜丘北・ルーキーズ連合 0 1 3 0 0 1 5

初登板のピッチャー2人が4回3分の1、2回3分の1をそれぞれ投球。初めてなので失点も多かったが、自滅することなく好投した。
今後の試合に行かされる経験であったことには間違いない。
相手チームの好調もあったが、勝利を掴んでゆけるよう、残りの秋の公式戦を大事に挑んでいきたい。
 

 (3位決定戦) 2019年12月14日 10時~ 招提小学校グラウンド 天候:晴

  1 2 3 4 5
桜丘北・ルーキーズ連合 2 0 2 5 0 9
枚方ホワイトイーグルス 0 0 0 0 0 0

 

●第31回高槻杯親善野球大会/第4回高槻ライオンズクラブ旗争奪少年野球大会 
 (第1回戦) 2019年11月2日 11時~ 古曽部防災公園グラウンド 天候:晴

 
※7回戦制かつ1時間25分の時間制。コールドゲーム採用(3回以上10点差・5回以上7点差)。
 
 70球を超えるとその回終了後にピッチャー交代しなければならない投球制限有。
 
※今回は時間制限で6回裏の途中で終了。

  1 2 3 4 5 6
福井サンボーイ (茨木市) 0 0 0 0 1 0 1
桜丘北・ルーキーズ連合 0 0 2 0 0 0x 2

ピッチャーの踏ん張りと、2安打のみの数少ないチャンスをものにして得点し、接戦を最小限差で逃げ切って勝利。
選手たちは浮き足立つことなく粘り強く落ち着いてプレーしてくれました。
 

 (第2回戦) 2019年11月10日 13時~ 牧田運動広場 天候:晴

  1 2 3 4 5 6 7
レッドバッファローズ (高槻市) 1 0 4 0 1 0 0 6
桜丘北・ルーキーズ連合 0 0 0 2 0 0 0 2

 

●第25回緑大会秋季大会
 (第1回戦) 2019年10月26日 9時20分~ 鶴見中央公園グラウンド 天候:晴

 ※7回戦制かつ時間制限有。コールドゲーム採用(3回以上10点差・5回以上7点差)。

  1 2 3 4 5 6 7
桜丘北・ルーキーズ連合 2 0 2 0 0 2 3 9
城東ジュニアパワーズ (大阪市) 0 0 0 1 0 0 0 1

12安打9打点。ピッチャーも被安打5で完投! 打線が飛躍的に伸び、守備も安定した試合でした。
ベスト8進出も、次の試合は春季大会で大差で負けた相手との試合です。数年ぶりの公式戦勝利に喜びも一入だが、次の試合に向け気合を入れて頑張ろう!
 

 (第2回戦) 2019年11月3日 13時15分~ 鶴見緑地第二運動場 天候:晴
 ※今回は時間制限で5回裏で終了。

  1 2 3 4 5
桜丘北・ルーキーズ連合 0 0 0 1 4 5
ジュニアジャガーズ (大阪市) 0 5 3 2 1x 11

春の対戦で1対16と3回コールド負けした相手でしたので、選手皆リベンジに燃えておりましたがリベンジならず...
相手からは、相変わらずの強力な打線で、11安打(長打4本)を浴び、久々の二桁失点。
攻撃は3回まで1安打の無得点。4回にやっと1点を返し、コールド負け寸前の5回、ドラマが生まれたのです!
代打攻勢で、いつも控えが多かった3人が立て続けに2連続ヒットに四球で出塁。その勢いが上位打線にも乗り移り、この回4得点!
まさに「ワンチーム」で盛り上がりを見せました。
結局時間制限で負けてしまいましたがコールド負けは逃れました。この悔しさを残りの公式戦にぶつけましょう!

 

●第25回読売杯
 (第1回戦) 2019年8月25日 13時00分~ 淀川河川公園太子橋地区 少年野球場 天候:晴

 ※7回戦制かつ1時間20分の時間制。今回は時間制限で6回で終了。

  1 2 3 4 5 6
シルバーホークス (大阪市) 1 0 0 1 0 8 10
桜丘北・ルーキーズ連合 2 0 2 0 0 0 4

初回に先取点失うも、裏の攻撃ですかさず逆転し、3回に2点追加。相手の反撃も1点に抑え最終回を迎えたのですが、継投か先発投手完投かを迷っているうちにピンチを迎え、継投を選ぶもタイミングを誤り、四球・エラー・ヒットを与え失点。
このとき選手らの集中力も欠けてしまったのが今後の課題。それでも最終回は途中出場の選手らが出塁し意地みせる。
残念な逆転負けも、選手らには何かしらの貴重な経験になったはず。
 

 

●第24回緑大会春季大会
  (第1回戦) 2019年5月6日 10時50分~ 鶴見中央公園グラウンド 天候:晴

  1 2 3
ジュニアジャガーズ (大阪市) 0 5 11 16
桜丘北・ルーキーズ連合 1 0 0 1

1回表に1アウト2・3塁のピンチを切り抜け、2回表のノーアウト満塁のピンチをダブルプレイで抑えたところまではいい試合をしていたが、その後は相手の打線に圧倒され、太陽光が邪魔をして落球したりと…、辛い要素が続き、残念ながら勝利とは程遠い状態でした。
 

 

●第16回オリックス・バファローズCUP2019少年少女軟式野球大会(大阪ブロック大会)
  (第1回戦) 2019年5月3日 8時30分~ 美原みの池野球場(堺市) 天候:晴

 ※7回戦制かつ1時間25分の時間制。コールドゲーム採用(3回以上10点差・5回以上7点差)。今回は時間制限で6回で終了。

  1 2 3 4 5 6
桜丘北・ルーキーズ連合 0 0 0 1 0 3 4
泉大津レッドシャークス (泉大津市) 0 2 1 0 0 3X 6

選手数の多い相手チームに対し、控え2名で挑んだ今回の試合。前半は相手チームに加点を許すものの、4・5回は無得点に抑え、最後まで諦めない試合ができた。結果的に最終回逆転サヨナラ負けとはなったものの、オモテで逆転できたことは今後に向けての自信になってほしい。
 

 

≪2018年度≫

●第2回日本精線CUP  主催:桜丘北オールスターズ
クリックすると別ウインドウで拡大表示します

 
 (第1回戦) 平成31年2月2日 10時30分~ 日本精線枚方工場グラウンド 天候:晴
 
※7回戦制かつ時間制限あり。コールドゲーム採用(3回以上10点差・5回以上7点差)。

 

1

2

3

枚方香里フェニックス 4 7 0 11
枚方ルーキーズ 2 0 0 2

初戦から、昨年の精線杯優勝チームと交戦。今までの練習と試合の経験が守備に生かされた場面もあり…エラーもあり…といった展開で、点はかなり取られてしまった。選手お互いの呼吸を掴み取ったらカバーも上達するはず! ヒットが少なくまだまだ得点奪取に課題があるものの、少しずつ点が取れるようになってきたことに自信を持って欲しい! 相手チームのパワーある応援にも屈せず、諦めないプレーができたかと思います。


 (第2回戦) 平成31年2月2日 12時45分~ 日本精線枚方工場グラウンド 天候:晴
 ※7回戦制、コールドゲームなし。

 

1

2

3

4

5

6

7

枚方ルーキーズ 0 0 0 0 0 0 0 0
枚方平野スポーツ少年団 0 0 2 0 3 1 X 6

3年前に連合チームを組ませていただいた平野さんとの試合。守備が手堅いチームなだけに、なかなか点がとれない…。ルーキーズにヒットがあまり出ず、盗塁などで得点圏まで足を進めたが、もうちょっとというところで繋がらず、勝利は今回お預け。

 

●第23回緑大会卒業記念大会
  (第1回戦) 平成30年12月8日 12時~ 茨田高校グラウンド 天候:晴

 

1

2

3

4

5

城東ジュニアパワーズ (大阪市) 1 0 2 1 1 5
枚方ルーキーズ 0 0 0 0 0 0

フライは比較的キャッチできていて、劣勢の場面でもそれに当惑せずアウトを捕れていた。攻撃では得点圏まできているが、『もう一歩』というところで点が取れない…。あともう少し!!
 

 

●第30回高槻杯親善野球大会/第3回高槻ライオンズクラブ旗争奪少年野球大会
  (第1回戦) 平成30年12月1日 14時10分~ 高槻市南大樋運動広場グラウンド 天候:曇

 

1

2

3

4

5

枚方ルーキーズ 0 0 0 0 0 0
富田少年野球スポーツ少年団 (高槻市) 4 0 0 2 2X 8

ヒットが1本で相手の守備の強さに抑えられてしまった感あり。しかし3回裏など、3者でしっかり抑えれた回もあり、良い場面が諸所にあった。数年ぶりのルーキーズ単独出場公式戦として勝利することはできなかったが、良い礎になったのでは・・・?
 

 

●第36回アジアカップ争奪関西大会
  (第1回戦) 平成30年6月23日 11時00分~ 南港中央公園野球場 天候:曇後雨

 

1

2

3

4

桜丘北・ルーキーズ連合 0 0 1 0 1
シルバーホークス (大阪市) 3 1 1 X 5

小雨が降ったりやんだり、生憎の曇天。両者ともヒット1だったが、キャッチ→ポロっのエラー続発…で相手チームに加点を許す場面が多く、周囲のアシストももう一歩。相手チームが6年生ということもあったが、しっかり1球を大事に追い、勝てる野球を目指してほしい!
 

 

●第15回オリックス・バファローズCUP2018少年少女軟式野球大会(大阪ブロック大会)
  (第1回戦) 平成30年5月5日 8時20分~ みなと堺グリーンひろば軟式野球場 天候:晴

 ※7回戦制かつ1時間25分の時間制。コールドゲーム採用(3回以上10点差・5回以上7点差)。

 

1

2

3

4

桜丘北・ルーキーズ連合 0 0 0 0 0
長曾根ストロングス (堺市) 8 0 0 2X 10

高学年にとって、新年度体制初の公式戦。昨年度優勝チームに挑みました。残念ながら得点することはできませんでしたが、相手チームを凡退させた回や、ファインプレイも幾度とあり、前向きになれるためのきっかけをいただいた試合だったのではないでしょうか?
 

 

●第1回磯島カップ  主催:桜丘北オールスターズ・枚方ルーキーズ 「磯島カップ」特設サイトへ
クリックすると別ウインドウで拡大表示します

 
 (第1回戦) 平成30年3月24日 10時15分~ 天候:晴

 

1

2

3

桜丘北・ルーキーズ連合 4 2 1 7
KSCくずはスポーツ少年団 0 4 2 6

 
 (第2回戦・首位決定戦) 平成30年3月25日 13時05分~ 天候:晴
 
※首位決定戦とのことで、申し合わせにより、大会方式に拘らず5回戦まで実施することといたしました。

 

1

2

3

4

5

桜丘北・ルーキーズ連合 1 0 1 1 0 3
津田南ベースボールクラブ 3 12 2 1 X 18

 

≪2017年度≫

●第1回日本精線CUP  主催:桜丘北オールスターズ
クリックすると別ウインドウで拡大表示します

 
 (第1回戦) 平成30年1月27日 10時~ 日本精線枚方工場グラウンド 天候:晴

 

1

2

3

4

桜丘北・ルーキーズ連合 9 1 1 0 11
橋本クラブ (八幡市) 0 0 4 0 4

守備の面でもあまりエラーの印象はなく、サードに飛んできた球をジャンピングキャッチでアウトにしたり、センターフライもしっかりキャッチしてアウトにするなど、安定した試合でした。


 (第2回戦) 平成30年1月28日 12時~ 日本精線枚方工場グラウンド 天候:曇一時雪

 

1

2

3

4

5

6

7

桜丘北・ルーキーズ連合 0 1 0 1 0 1 2 5
枚方香里フェニックス (枚方市) 1 0 0 1 3 0 1X 6

1回裏、相手チームが1点先制するも、2回表で1点を取り返す。
果敢にホームを目指そう!という攻めの姿勢で挑み、5回裏に一挙3点を奪われたが、6・7回でそれも取り返す。
良い攻守を繰り返し、昨日に続いて比較的安定した守備でしたが、最後は相手チームのセンター前ヒットで点が入り、接戦を制することはできませんでした。

 

●第20回緑大会秋季大会 
 (第1回戦) 平成29年10月9日 10時30分~ 鶴見緑地第二運動場 天候:晴

 

1

2

3

4

5

桜丘北・ルーキーズ連合 0 0 1 0 0 1
成育イーグルス (大阪市) 0 0 0 0 2 2

相手チームの気迫にも動じず、好守備であった場面もあり、出塁した場面もしばしばあり、対等な試合が行えたかと思いますが、終盤に些細なミスで相手に点を許してしまうなど、課題は残りました。「もしかしたら勝てるかも…?」と思わせられた良い試合でした。

 

●読売杯争奪少年野球大会 
 (第1回戦) 平成29年9月30日 10時30分~ 淀川河川公園太子橋地区 少年野球場 天候:晴
 
※コールドゲーム制を採用、3回で終了。

 

1

2

3

桜丘北・ルーキーズ連合 0 0 0 0
ジュニアホークス (大阪市) 7 2 2 11

桜丘北・ルーキーズ連合の久しぶりの試合で緊張したのか、流れが掴めず、課題が多く残りました。選手たちの今後の活躍に期待します。

 

●近畿連盟新人戦 太子橋大会 
 (第1回戦) 平成29年4月16日 10時30分~ 淀川河川公園太子橋地区 少年野球場 天候:快晴

 

1

2

3

4

5

桜丘北・ルーキーズ連合 1 0 4 2 0 7
下島サンダース (守口市) 0 0 0 0 0 0

1回から出塁することに積極的な盗塁で先制。ピッチャーが好投!またその後も相手チームの隙を突いた加点で勢いは止まらず、桜丘北・ルーキーズ連合初勝利!


 (第2回戦) 平成29年4月30日 12時~ 淀川河川公園太子橋地区 少年野球場 天候:快晴

 

1

2

3

4

5

北出戸モンズターズ (大阪市) 0 8 0 0 0 8
桜丘北・ルーキーズ連合 0 0 2 0 0 2

飛距離のある良い当たりはありましたが、残念ながら得点にはならず。2回以外は抑え込めているんだから、良いところを次の試合に生かそう!

 

●第14回オリックス・バファローズCUP2017少年少女軟式野球大会(大阪ブロック大会)
 (第1回戦) 平成29年4月8日 9時~ 美原さつき野野球場 天候:曇
 
※7回戦制かつ1時間25分の時間制。コールドゲーム採用(3回以上10点差・5回以上7点差)。

 

1

2

3

4

5

桜丘北・ルーキーズ連合 1 0 0 0 0 1
大井リバーサイド (藤井寺市) 2 1 1 4 X 8

1回表に一点先制。その後出塁はあったものの得点に結びつかず、残念ながら初戦を制することができず。

 

Hirakata Rookies (C) 2017-2021